クリスマスまで、あと10日。寒いですが、夕方にイルミネーションでキラキラしているお家を探すのが毎日の楽しみになっています。

どこに行ってもクリスマスソングと飾り付けがされていて、クリスマスやサンタクロースが分かっていない次男でも楽しいようです。そんな次男に見せようと思い新しい絵本を購入しました。

「サンタクロースと小人たち」
マウリ=クンナス 作
いながき みはる 訳
偕成社 出版
サンタクロースの住む街で、クリスマスに向けて準備をする1年間が描かれています。文章は難しいかもしれませんが、色んな所に動物がいたり面白い小人がいたりと見ているだけでも楽しめる作品です。

書店でもクリスマスコーナーが設けられているので、見つけやすいと思います。サンタクロースの絵本は色々出ていますので、子供と一緒に読みながらクリスマスを楽しみに待ちたいですね。